中性脂肪を正常値に減らす方法〜動物性脂肪の摂り過ぎに注意

動物性脂肪を減らす

中性脂肪が気になる人には、「動物性脂肪」の摂り過ぎはよくありません。

 

中性脂肪を減らす食事を考えるならば、動物性脂肪を極力摂らないように心掛ける必要があります。

動物性脂肪が多く含まれる食材と使用する油について

ここでは、どういった食材に動物性脂肪が多く含まれているのか、ご紹介いたします。
また、それらを調理する際に使用する油についても、ご紹介いたします。

動物性脂肪を多く含も食材

以下の食材を控えることで、中性脂肪を減らすことができますので、食事の献立を考える際、食材選びの際などに参考にして下さい。

動物性脂肪の多いもの

動物性油

肉の脂身(特にロース、サーロインなどの脂身)

ベーコン、ソーセージ

うなぎ、あんこうの肝

生クリーム、チーズ、アイスクリーム

チョコレート

トロ

調理に使用すべき油

調理に使う油などは、出来れば植物性のものを使うといいでしょう。

 

一般的な植物油といえば、大豆油、ゴマ油、調合油、菜種油などがあげられますが、最近ではこの必須脂肪酸であるオメガ6とオメガ3のバランスが悪いと指摘されています。

 

厚生労働省が指摘している理想比率は、オメガ6対オメガ3では、4対1の割合です。オメガ3の油には、アマニ油荏胡麻油などがあります。

 

油といえば、最近はオリーブオイルなども使われていますが、こちらはオメガ9が多く含まれている油で、他に比べて熱に強く、酸化しにくいといわれていますので、オメガ3系の油と共に上手に使い分けましょう。

 

なお、オメガ3系のアマニ油や荏胡麻油などは、熱に弱いために加熱調理には向きません。ドレッシングやそのままジュースに入れるなどして摂取できます。

 

しかし、現代生活を考えると、外食やコンビニなどで調達する菓子類を含めた食品を口にすることが多くはありませんか。外食産業や食品業界は、当然利益追求していますので、コストダウンが図られています。

 

この為、油なども手に入りやすく、利用しやすいラードやパーム油、大豆油などのような一般的な安価な油が使用されています。飽和脂肪酸だったり、オメガ6系不飽和脂肪酸が豊富に含まれています。

 

このようにバランスが大きく崩れる状態の人が、圧倒的に多いとされています。当然、その状態には個人差がありますが、是非その点を考えた食生活を心掛けて下さい。

 

また、併せてバターやラードなども動物性の油で、摂りすぎると動脈硬化になる恐れが高まるといわれている飽和脂肪酸ですから、使用を控えめにした方がいいでしょう。

油の使用方法

ところで、油の使用方法についてですが、酸化して古くなった油は絶対に使わないようにしして下さい。出来れば、揚げ物などで使用した油は火が通って酸化しやすい状態です。

 

2度目の使用は早めにするなど、更に使おうとはしないことをお勧めします。

肉と魚の調理方法

肉に脂身があると、食品としての旨味も増すのも事実ですが、中性脂肪の高い人は出来れば控えめにすることが大切です。肉の中でも脂身が少ない鶏のささみなどを摂ることが理想的です。

目安としては、1日にささみの大サイズ2枚くらい(80gから100g)が適量です。

魚の中でも青魚には、植物性脂肪が多く含まれています

肉や魚などを調理する方法


この為、青魚を食べることで中性脂肪が肝臓で合成されるのを抑えることができて、血液中の中性脂肪も減らすことができます。

 

即ち、オメガ6である高リノール酸に対して、オメガ3は競合性があるといわれていて、過剰となっているオメガ6を中和する働きがあるといわれます。

 

特に外食の場合は、家庭の食事よりも脂肪分が多く入っていることが多いため、魚料理を選ぶようにしなければいけません。

 

普段の家庭の食事においても、魚料理をメインにするようにすれば、オメガ3系脂肪酸を豊富に摂ることができます。