中性脂肪が高い時には、正常値に

中性脂肪が高い時には

健康診断などで「中性脂肪の値が高い」と診断されて、医師の指示に従って素直に「正常値に戻そう」と努力する人もいれば、あまり気にもとめなずに放置する人もいます。

 

これは、中性脂肪が増えても自覚症状が殆どない為で、積極的にどうにかして減らしていこうと行動する人が少ないことが問題です。つまり、未だに多くの人が、「中性脂肪が高いのは、ある程度年齢を過ぎてからだ」と思っている人が多いようです。

中性脂肪が高くなる要因

中性脂肪が高くなりそうなピザ

しかし最近は、食事が欧米化したことによって、若い人、中にはまだ小学生でも値の高い人が現れています。

 

つまり、年齢に関係なく、毎日、パスタ、ピザ、パン、ファストフードなどばかり食べていると当然、体の中に脂肪分が増えていきます。

 

昔は魚と野菜、ごはん、味噌汁という体にいいと考えられそうな生活を送っていたように思います。現在のような、肉類やパスタなどあまり食べていませんでした。

中性脂肪が高い時の対処法

中性脂肪の値が高くなってしまうと、「HDL」と呼ばれる善玉のコレステロールが減って、「LDL」という悪玉のコレステロールが増えてしまいます。これによって動脈硬化になる危険性が高まります。

 

動脈硬化が進むと、さらに恐ろしい「心筋梗塞」、「脳梗塞」という命に関わる大きな病気になる危険性が高まってきます。その為、中性脂肪の値が高いとわかったら、すぐに行動を起こさすことが好ましいといえます。

 

中性脂肪を正常値に戻したいというのなら、ただちに乱れた食生活を正すことで必ず減らすことができます。そして、やがて正常値に戻るというわけです。是非、普段の食事を見直して下さい。

 

あなたは、これまで好きなものを好きなように食べて、栄養バランスを全く考えないような食事を摂っていませんでしたか?

 

中性脂肪の値が300mg以下ならば、食事を見直すことで確実に正常値に戻すことができます。管理人の私でさえ514ml/dlもありましたが、今では正常値にの範囲に収まりました。

 

中性脂肪を減らすには、いい食材を使うことです。そして、腹八分、太り過ぎだと思う人や既に胃が大き過ぎろと感じられる人は腹6分に抑えて、胃の大きさを小さくする努力をしましょう。出来れば、それ以上食べないようにすることが大切です。

中性脂肪が高い時は早めに診察を

 

仕事への通勤途中や休日を含めて、出来る限り歩く機会を設けることが大切です。改めてスポーツを始めるなどとかしこまらずに、出来ることから始めていきましょう。可能ならばウォーキングを毎日取り入れて、更に週に1〜2回運動出来ればベストです。

 

とにかく、中性脂肪の値が高いと診断されたら、正常値に戻したいと考えて行動を起こすことが大切です。早めに病院などで診察を受けて食生活の見直しを図るようにしましょう。