高コレステロール食品はダメ

高コレステロール食品はダメ

「コレステロール」と「中性脂肪」が同じようなもののように考えている人がいますが、この両者はどちらも同じ脂質なのですが違う役割を持つものです。

 

中性脂肪は、体のエネルギーの源となりますので、余った中性脂肪が肝臓に蓄えられます。
コレステロールは、筋肉、細胞膜を作るのに使われるホルモンの材料となります。

 

しかし、コレステロールが高くなると、中性脂肪も高くなるので注意が必要です。
高コレステロールの食品をたくさん食べていくと、中性脂肪血症が高脂血症になってしまいます。

中性脂肪を減らすには、高コレステロール食品を食事から除く

高コレステロール食品

高コレステロール食品には、レバー、たらこ、シラス、ししゃも、ウニ、卵などがあります。

 

青魚にはDHAやEPAが含まれていることから、魚ならばなんでも中性脂肪を減らすのに効果があると考える人もあるようですが、中性脂肪を減らす成分を持っていることが必要です。

 

シュークリームなどの高コレステロール食品

例えば、卵が入っているような魚はダメです。

卵の中で「鶏卵」が特に一番コレステロールが高いです。
卵1個の中にコレステロールが約235mgも入っています。

 

中性脂肪を減らすための食事療法を行っている人の場合は、1日あたり1/2個までとして、1週間に3回以内にするようにして下さい。

 

鶏卵を使って作られる

  • ケーキ
  • プリン
  • シュークリーム
  • ワッフル

などの洋菓子は高コレステロールなので控えて下さい。

 

マヨネーズも鶏卵から作られているのでかなり高コレステロールです。
料理の際にもあまり使わない方がいいと思います。

 

どうしてもお菓子が食べたくなったら、洋菓子は避けて和菓子にするといいでしょう。
但し、和菓子には多くの砂糖が使われているものも少なくありません。
過剰な糖分が中性脂肪を増やしますので、その点では注意が必要です。